logo ライアーのやさしい響きの世界へようこそ
   
leaf 今月のご挨拶
leaf プロフィール
leaf ライアー(竪琴)について
leaf メッセージ
leaf CDのご案内
leaf 動画
leaf 演奏情報
leaf ライアーレッスン
leaf 演奏のご依頼
leaf ブログ(随時更新中)
leaf お問い合せ

leaf2017年 4月のごあいさつ


  201703

 春風に乗って軽やかにスキップしたくなる季節になりました。
今年の3月はまるで冬に逆戻りしたかのような気温が続き、
桜のつぼみたちもいつになったら膨らんでくるんだろう・・・と、近所の桜の木を見上げていました。やはり、どこもかしこも桜色に染まる季節は心がはなやぎますね

 「赤毛のアン」の朗読コンサートで何度もご一緒させていただいている、作家で翻訳家の松本侑子先生が3月に小説を新潮社より出版なさいました。
 タイトルは「みすゞと雅輔」みすゞというのはもちろん詩人の金子みすゞで、雅輔は金子みすゞの弟さんの名前です。
 大正から昭和にかけてたくさんの詩を作った金子みすゞ。26歳という若さで、幼い娘を残し自らの命を絶ったみすゞ。彼女の死後はすっかり忘れられていた存在となっていたのが、1984年に詩集が出版されてから、多くの人が彼女の詩の世界を知ることとなりました。

 今まで彼女の生涯でわからないことが多かったとのことですが、松本侑子先生は雅輔さんの膨大な日記を解読し、今までとは違う金子みすゞの姿を描き出されています。そして、この本を読んで、大正時代〜昭和の童謡がどうやって生み出されていったのかがよくわかります。ぜひぜひ多くの方々にお読みいただきたい本です。 みすゞさんの透明な詩の世界は不思議な力があります。

 まだまだ先の話になりますが、107日 東京、1112日 名古屋にて「金子みすゞ童謡コンサート」を松本侑子先生とご一緒させていただくことに決まりました。

「みすゞと雅輔」はこちらから詳細をご覧いただけます。

https://www.amazon.co.jp/%E3%81%BF%E3%81%99%E3%82%9E%E3%81%A8%E9%9B%85%E8%BC%94-%E6%9D%BE%E6%9C%AC-%E4%BE%91%E5%AD%90/dp/4104166022

みなさま、どうぞ素敵な春の日をおすごしくださいますよう♪