logo ライアーのやさしい響きの世界へようこそ
   
leaf 今月のご挨拶
leaf プロフィール
leaf ライアー(竪琴)について
leaf メッセージ
leaf 楽譜のご案内
leaf CDのご案内
leaf 動画
leaf 演奏情報
leaf ライアーレッスン
leaf 演奏のご依頼
leaf ブログ(随時更新中)
leaf お問い合せ

leaf2019年 5月のごあいさつ


  201905

 今年の4月は気温の変化が大きく、暑くなったり、真冬みたいになったり不安定なお天気でしたが、新緑のまぶしい5月になりました。
 そして、いよいよ新しい時代「令和」の時代の始まりです。30年に渡る「平成」の時代が終わり、新しい時代が来るのかと思うと、襟を正して、新しい時代をお迎えする気分ですね。

 ライアーという楽器はまだまだ日本では知名度が低く「ライアー」という聞いたことがない言葉に「???」となる方が大半だと思います。愛好者の数も似たような楽器のアイリッシュハープなどのほうがきっと多いでしょうね〜。
 知名度はまだまだ低いのですが、世界の中で見てみるとライアー愛好者の数が一番多いのが日本です。

 今スピリチュアル系のヒーラーさんやセラピストさんの間で「タオライアー(ヒーリングライアー)」が流行っているのも日本ならではの現象です。
 ライアーが生まれた国ドイツを始めとする欧米の国々ではライアーは「シュタイナー人智学」に関わる人たちが実際に目にしたり、音を聴いたり、楽器を演奏したり・・・とごくごく限られた範囲内でしかライアーの姿を見ることができません。
 が・・・日本では「シュタイナーの人智学」とは全く関わりのない所で広まっています。その部分が日本と海外の大きな違いです。人智学という思想から発生したという宿命を持つライアーですが、日本では思想とは関係なしに「楽器」として広まりつつあります。

 ライアーが「楽器」として持つ特性をいかに生かして、そしてライアーを弾く喜びを味わう。そこにライアーが最初に生まれた時の大切な事、エッセンスを感じていただけたら・・・という思いとともに、私のところへご縁あってライアーを習いにいらっしゃる生徒さんたちに接しています。